似ているようで全くの別物

似ているようで全くの別物

消費者金融、街金、闇金、サラ金など似たような言葉が多数存在しますが、実は明確な区分けができているのですね。
以前に消費者金融にて融資してもらった経験があるのですが、その際は非常にスムーズに事が運び、とても満足のいく借り入れができたのを今でも忘れてはいません。

スピーディな申し込み手続きに始まり審査もその日のうちに完了するという、まさに融通の利く対応なのです。
しかも、その日のうちに(厳密には、入店後1時間少々という短時間で)現金を手にすることができたのですから、本当に助けられました。
と、消費者金融に対してはとてもいいイメージがあるのですが、上記で挙げた残りの街金、闇金、サラ金には、どうも抵抗感がありました。

ですが、よくよく調べてみると、サラ金と消費者金融は同じ意味であり、さらに街金も消費者金融に非常によく似た形態(小規模であり、地元のお客だけを相手にしている)らしく、どうやら問題なさそうです。
いわゆる闇金だけが、ちょっと問題ありのようです。

高額な金利や近所の方にわかるような目立った取り立ては法律で禁止されています。
もし利用するならばCMなどをやっている大手の会社が安全かと思います。
それ以外の聞いたことのない会社を利用する際には注意する必要がありそうです。